畑祥雄「背番号のない青春」

  • ¥2,000
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


畑祥雄(1950年-)は、京都府出身の写真家・映像+Webプロデューサー・アートジャーナリスト・大学教授。同志社大学で写真を研究し、写真家・朝倉善治氏に師事する。
個人の作家活動と文化プロジェクトのプロデューサーをしながら、京都の成安造形大学、関西学院大学の教授を歴任。現在、写真表現大学・Eスクールの講師、大阪国際メディア図書館館長を務めている。日本写真家協会(JPS)会員。

本書は、1980年に出版された畑祥雄最初の写真集として出版されました。甲子園に出場する球児を支える、試合に出られなかったチームメイトの姿、球場で選手を鼓舞する応援団や吹奏楽部、甲子園の高校野球の試合を支える売り子などの少年少女の姿をとらえた写真集です。
帯アオリに映画監督の大島渚、推薦人に美術評論家で大阪芸術大学名誉教授の村松寛など、当時の文化人たちが揃っています。
昨今のような鮮明なカラーではなく、ムラのあるモノクロで撮った、貴重な写真集の一つです。

 

出版社:共同ブレーンセンター
タイプ:ソフトカバー
言語:日本語
ページ数:72ページ
サイズ:210×210 mm
状態:保管に伴う経年のダメージは見られますが、折れや破れ、書き込みは見当たらず、概ね良好な状態です。丁寧に梱包し、日本全国へ迅速に発送します。