岡田満「追いつめられたブナ原生林の輝き」

岡田満「追いつめられたブナ原生林の輝き」

  • ¥3,000
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


岡田満(1946-は、大阪府出身の写真家。1973年に大阪市立大学法学部卒業後、聴覚傷害をもつ生徒の職業教育に従事、1991年にリバティ表現大学で写真表現を学ぶ。以降、熊野など日本各地の森、動物などの自然を中心に、環境への注意喚起とともに撮影している。

本書は、1995年に出版された、岡田満氏の写真集です。岡田氏は1990年ごろからブナの森を歩き、その姿を撮影してきました。その5年で世相は大きく変化し、森も変化しました。1990年から1995年の日本といえば、再開発計画が進み、森林伐採が問題になり、スタジオジブリから「平成狸合戦ぽんぽこ」が上映されていました。岡田氏自身も、大きな手術を体験し、改めて自分の人生観、世界観、教育観を見つめ直す機会になったといいます。モノクロで撮影された、ブナの森が気候の変化や伐採を通して変わっていく姿を通して、自然のあるべき姿、人と自然の共存やリスペクトを考える機会を与える一冊です。

出版社:株式会社ブレーンセンター
タイプ:ソフトカバー
言語:日本語
ページ数:58ページ
サイズ:360×256mm
状態:古本・付属フォトCDなし