ミズホドリ「光のつぶ、影」

ミズホドリ「光のつぶ、影」

  • ¥66,660
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


Acrylic on Canvas
F3
2022

---

ミズホドリ/Mizuhodori

アーティスト、自然観察人
「人生の主成分は生きものとアート。地球を感じ、奇妙で可愛いクリーチャーを描く。」

幼い頃から日常的に絵を描き、地球の生きもの・自然に強く興味を持つ。地球に何か貢献したいという思いから野生生物の研究者になろうと進学、在学中に自分が夢中になって思いきりエネルギーを出せることの1つは絵を描くことだと再確認し、その方がエネルギー効率が良いと感じる。様々な形で生きものと関わりながらアーティストとしての活動を始める。

「死ぬまでできるかぎりたくさん絵を描く」「地球の自然や生き物と共に生きる」、これら2つを融合させた生き方を模索してきたが、さらに方法に固執せず「今を楽しむことで豊かさを生む。心地良くゴキゲンに生きて、自分も自分以外も豊かにする。」という気持ちが湧く。

奇妙でかわいい生きもの達を描く(つくる)。強いて言葉で説明するなら、自分の頭の中にいる生きもの達を外へ出したい気持ちで体を動かしていると言っていたが、2020年頃からは、物理・非物理次元に関わらず存在している者たちを、自分という映写機またはフィルターを通して見える形で出現させているのかもしれない、と感じている。

世界中の様々な自然環境や生物などを感じながら作品を作ったり、旅や歌をうたうこと、関わった人や場所への恩返し、自然環境や野生生物の調査・研究・生息地保全への潤沢な援助がしたい。

【略歴】

1988年 北海道に生まれる

2013年 帯広畜産大学 畜産学部 獣医学科 卒業

【個展】

2015年 デザインフェスタギャラリー(東京)

2015年 高円寺 小杉湯ギャラリー(東京)

2016年 デザインフェスタギャラリー(東京)

2018年 高円寺 小杉湯ギャラリー(東京)

【壁画】「ミズホドリの壁らくがき」シリーズ#01~12公開

2015年 #01 デザインフェスタギャラリー(東京)

2016年 #02 デザインフェスタギャラリー(東京)

2016年 #04 デザインフェスタ(東京)

2016年 #05 デザインフェスタ(東京)

2017年 #06 稚内アートフェスティバル 2017(北海道)

2017年 #07 宮古島 外壁(沖縄)

2018年 #08 宮古島 外壁(沖縄)

2018年 #09 宮古島 外壁(沖縄)

2019年 #10 宮古島 外壁(沖縄)

2020年 #11 宮古島 外壁(沖縄)

2020年 #12 宮古島 外壁(沖縄)

【グループ展・展覧会】

2016年 JCAT SHOWCASE 20(Ouchi Gallery/ニューヨーク)

2016年 第3回 SZK GALLERY 壁画アートコンペ(SZK GALLERY/神奈川)

2016年 TDW ART FAIR 2016(東京)

2017年 Graphic Art exhibition(レクトヴァーソギャラリー/東京)

2017年 JCAT SHOWCASE 2017(GALLERY MAX NEW YORK/ニューヨーク)

2018年 JCAT Exhibition “JAPANISM” (One Art Space/ニューヨーク)

2018年 Graphic Art exhibition(レクトヴァーソギャラリー/東京)

2018年 JCAT Exhibition “We” (PLEIADES GALLERY/ニューヨーク)

2019年 JCAT Exhibition “Sm;)ey”(PLEIADES GALLERY/ニューヨーク)

2019年 JCAT Exhibition “Made in Japan”(Noho55 Gallery/ニューヨーク)

2020年 111111OpenGate(ギャラリーアートポイント/東京)

2021年 Dreams 2021(ギャラリーアートポイント/東京)

2021年 Lion’s Gate(同時代ギャラリー/京都)

2021年 111111OpenGate(ギャラリーアンドリンクス81/東京)